座談会

座談会

―今回座談会のメンバーとして集まってもらったのは入社1年目の同期の皆さん。
工場からスタートし、それぞれの分野で1年間の研修を受けて正式配属目前ですが、振り返ってみてどうですか?

宮川

宮川

大学で勉強したこととは畑違いでとても大変だった。
専門の勉強をしてきた人は少ないけど、自分は文系だったから特にそう思う。


田中

田中

僕も教育学部からの入社だったから、土木については無知、何もわからなかった。
工事のことも知らないし、それまでは気にも留めていなかったし、本当にゼロからのスタート。
でも工場や営業所の上司・先輩方は丁寧に教えてくださるし、お客様からご指導いただくこともあるし、周りの方にとても助けられています。


諏訪

諏訪

私も最初の工場研修は不安ばかりだった。
工場で働くってどういうことだろうって、イメージも湧かなかったし(笑)。
でも工場側は研修生の受入態勢がしっかり整っていて、実際は不安に思うことなんてなかったな。


相羽

相羽

工場研修は製品そのものや、その製造過程をしっかり見ることができたからよかったよね。


岩切

岩切

今の研修先の営業所は工場併設だけど、営業だけでなく工場側の大変さもわかるから、その点でもよかったと思う。


花田

花田

僕は研修がスタートしてから現在の繁忙期まですっと工場にいるけど、たくさんの仕事があって、日々教えていただくことがどんどん増えている。研修中にいろいろ勉強できてよかった。


相羽

相羽

僕は花田くんと同じ工場で研修を終えたあとに地盤改良事業の部署で研修をしているけど、ここでも今まで全く知らなかったことばかり。でも、それを今学べているからとても有意義な時間だと思う。

―充実した研修期間だったのですね。ほとんどが大学の専攻とは異なる業界への就職で不安だったという話も出ましたが、皆さんの入社のきっかけは何ですか?

相羽

相羽

僕の専攻はロボットだけど、コンクリート構造物の異常を調べる機械などに携わっていたから、それが生かして何かできないかって探す中で出会った。


iwakiri

岩切

僕は地元の友達に薦められたから。
社員でも関係者でもなく、ただ会社のことを知ってるだけの人なんだけど(笑)、こんな企業があるよって教えてもらって会社説明会に参加して。そこで「全従業員の物心両面の幸福の追求」という経営理念を知ったんだけど、会社と、働く社員の信頼関係が築けているんだなって思った。


久保

久保

私はやっぱり鹿児島に本社を置く企業だったからかな。
県外の事業所に勤務していても、本社が鹿児島にあればそれだけで地元に貢献できるからっていう話を先輩たちからもよく聞くよ。


諏訪

諏訪

私も地元は鹿児島だけど大学は県外だったから、戻りたいなっていうのが最初だった。
それで説明会に行ったんだけど、みんな優しくて人が良くて、働くには人間関係がいちばんだと思ったから決めたな。


田中

田中

僕は企業規模の大きさに惹かれたな、鹿児島に本社があって全国展開している会社なんて探してもなかなかなかったし。
それに就活する中で東京や福岡にも行ったけど、鹿児島にもっと大きな企業があればわざわざ行かなくてもいいのにって思ったから、余計にその点は魅力的。


久保

久保

東京にも行っていたんだ!就活はみんな大変だった?


相羽

相羽

僕は自分をアピールするのが苦手だったから、そこは慣れていくのが大変だった。


宮川

宮川

決まらなければずっと続けていかなきゃいけないし、そんな中で周りが決まってくると焦ったよね。


諏訪

諏訪

確かに、そういうのは精神的に辛かったな。

―そんな就活を乗り越えて社会人になった皆さんですが、学生のときと大きく変わったことはありますか?

宮川

宮川

時間にルーズな生活をしていたから、今やっと生活リズムが整ってきた。
時間の使い方はうまくなったと思う。


岩切

岩切

僕もそれは思うし、先々のことを見据えられるようになった。
大学のときは今日明日のことだったけど、今は製品の製造過程や工事の期間など考えなければいけないから、常日頃から先のことを考えるようになって、そこは成長したと思う。


諏訪

諏訪

確かに学生のときは授業を受ける・受けないにしても自分だけのことで済んでいたけど、仕事になると自分の行動に関わる人が絶対にいるから、責任は大きいよね。


田中

田中

いちばんはやっぱり責任だよね。
営業先では、自分が会社の代表である・会社を背負っているという意識を持つようにしてる。


花田

花田

僕は工場での仕事柄、日常生活でも今までは気付かなかった「危険」が目につくようになった。
工場にいて、当たり前だけどいちばんやってはいけないのって死ぬことだと思っているから、危険予知の能力は高くなった。あとは責任って言っていたけど、仕事を休まないようにビタミン剤を飲んだりとか(笑)、体調管理にもかなり気をつけているな。


久保

久保

私は初めて一人暮らしをしてみて、親の大切さだったり、周りの人に支えられて生活しているんだなってことを改めて感じたな。


相羽

相羽

僕も実家を出て、一人で生活するって大変なんだなって思った。
あと、大学時代は受け身で勉強することが多かったけど、今は実務に必要な幅広い知識を身につけないといけないと思って、自ら勉強するようになった。そこは大きな成長だと思う。

―この1年で成長したのですね。4月からは正式配属され、また後輩も入社してきますが、目標や意気込みを教えてください。

宮川

宮川

正式配属になると営業は自分のエリア・目標数字を持つことになる。
お客様あっての仕事なのでそこを第一に考えつつ、お客様と社内、例えば工場や設計などの潤滑油になりたい。
そして「あなたがいてくれてよかった」と言われるのが目標です。


岩切

岩切

定年退職するまでに一回でも営業トップの成績をあげたいよね。


田中

田中

僕は一流の営業マンと認められる売上3億円を超えること!
1年でも早く達成できるように頑張ります。


諏訪

諏訪

私は自分が設計折込した現場が工事まで無事に終わって、「ここは私が設計折込したんだよ!」と言えるようになりたいです。


田中

田中

確かに、街中に残る仕事だからいいよね。
街づくりに貢献できてるって実感できる。


相羽

相羽

僕は技術的な部分で役に立ちたい。
できる仕事を増やして、一人前の技術者になりたい。


久保

久保

管理部門の私は社員がお客様なので、各部門で頑張る皆を色々なところでサポートしていきたいと思っています。


花田

花田

夢は自然破壊のないコンクリート製品の考案!
そのためにこれから品質管理として経験を積んでいくけど、それだけじゃなくて製品の作り手、型枠など工場全体を見て、「花田くんがいるから大丈夫」と言われるような仕事がしたい。

―それでは最後に、同期や就活生に向けてメッセージをお願いします!

久保

久保

私が仕事を頑張れるのは、同期の皆がいるからだって心から思います。
楽しく仲良くやっていきましょう!


諏訪

諏訪

私も皆と同期ですごく良かったと思ってます。頼れる人がいっぱいいて安心です。
目標は同期に仕事の電話をすることなので、よろしくお願いします(笑)。


花田

花田

これから絶対頼りにすることが多くなるし、逆に協力できることは何でもするし、頼りにしてます!


岩切

岩切

それぞれ課は違うけど、みんなで会社を盛り上げていこう!
それから、同じ営業の田中くんと宮川くんには絶対負けません!


田中

田中

僕も頑張ります!10年後20年後この会社・業界を支えていける人材になれるように、みんなで刺激し合って、支え合っていきたいね。
就活のときに聞いた「誰と働きたいかで会社を選ぶ」という言葉がすごく印象に残っていて、一緒に働きたいと思う人がいれば頑張れるというのは今すごく実感している。
就活生にも参考にしてほしいな。


宮川

宮川

最初は、出身も趣味も性格も全く違う同期と一緒に仕事をするって大丈夫かなって思うこともあったけど、気がつけば今ではプライベートの時間に2時間も電話する仲だからね(笑)。
初めての就職ってこれから生きていく上での大きな転換点だと思うから、妥協しないで頑張ってほしい。


久保

久保

就活を思い出すと辛かったけど、本当にその時の決断って人生に大きく関わることだから、やりたいことを追求していってほしいね。


相羽

相羽

でも目標が定まっていない・漠然としている人も多いんじゃないかな。
そういう人はいろんな会社を調べて、見て、その中でいちばんしっくりくるところを見つけられたらいいのかなと思う。
大変だと思いますが頑張ってください!


花田

花田

僕は、ある西洋音楽史の教授の「大義を成す人は、野望と運と適性を持っている」という言葉をいつも心に留めている。
その教授は3つの要素すべて持っていなければ大義は成せないとおっしゃっているけど、じゃあ今持っていないからといって焦る必要は全くなく、大切なのは自分を信じることだと思う。
就活ってみんな一斉にやるけど、他人と比較するのではなくて自分のことをしっかり考えて、頑張ってください。

※2018年2月実施