環境への取組

海洋環境

様々なタイプの藻場ブロックにより環境に応じた最適な藻場を造成

海底藻場は、これまで小魚の隠れ家や魚卵の産卵場所、餌場所などもっとも大事な生息環境を作り出しています。魚介類が非常に少なくなった要因の1つとして、この藻場が激減した事により大きな理由があると言われています。
インフラテックは鹿児島県との共同開発により、浅瀬・湾内用、外海用まで様々なタイプの藻場ブロックを開発し、環境に応じた最適な藻場造成システムをご提案いたします。

製品紹介

円盤型藻場SGブロック

  1. 製品計上に多種のスロープが形成されている為、ヒトデ、ウニ等の階層の生育上最も怖い食害を防止する役目を持っています
  2. 製品表面が特殊な洗い出し処理をしているため、天然骨材が露出され海草などの根の活着が良く海草の生育を助けます。
  3. 自然石に少ない安定形状をしている為、激しい海流の時でも転がりにくい形状になっています
  4. 鹿児島県水産技術開発センターをインフラテックの共同研究により生まれた商品です。
  5. 海底投入場所の選定作業、初期藻母草の取付法等、定められた作業条件がさらに藻場造成を助けます。
  6. 今までの魚礁ブロックと、この円盤型藻場SGブロックをセットで海底投入することで、生態系サイクルを作りだし、そこに新しい漁場が生まれます。
円盤型藻場SGブロック

施工写真

円盤型藻場SGブロック

海底敷設

海底敷設

投入例5年後

投入例5年後

製品に関する資料請求・お問い合わせはこちらから承ります

資料請求・お問い合わせフォーム