製品情報

道路・交通
住宅・景観
河川・水路
防災・復旧
維持・管理
砂防ブロック|防災・復旧|

プロテロックピアス

建設技術審査証明書交付商品

NETIS掲載期間終了技術

残存型枠

 プロテロックピアスワンダーは、防錆処理( 工ポキシ樹脂電着塗装) した補強材( エキスパンドメタル)を内蔵した薄肉コンクリー卜製残存型枠であり、組立・加工が簡単で、取り外すことなく構造物と一体化する型枠です。パネル裏面には付着性と軽量化のために凹部を5cm 間隔に配置しております。
 主に構造物の埋戻し面、中仕切り型枠として使用される「ピアスタイプ」と、主に構造物の露出面に使用される「ワンダータイプ」 があり、コンクリート構造物を残存型枠工法で一貫施工でき、トータルコスト縮減が図れます。

※エリアによっては取り扱えない場合があります。
 詳細は担当営業所にお問い合わせください。


特長

ピアスタイプの特長

型枠の小孔(253ヶ/ 枚、標準サイズ) は、コンクリートの充填確認、パネルの軽量化、打設コンクリートとの一体化などのために、貫通孔となっています。どのようにカットされても、貫通孔により組立ができます。パネル厚を構造断面内とした場合の打設コンクリート控除量は、型枠100㎡当り2.8㎥です。

ワンダータイプの特長

型枠の小孔は貫通孔ではなく凹部で、施工時のモルタル洩れの跡が残らないため、一般型枠同等の仕上げとなります。また、小孔にはエア抜き溝を有しておりますので、打設コンクリートとの一体化も図れます。パネル厚を構造断面内とした場合の打設コンクリート控除量は、ピアスタイプと同じで型枠100㎡当り2.8㎥です。


施工写真

ダウンロード資料

総合カタログ検索「プロテロックピアス」