製品情報

道路・交通
住宅・景観
河川・水路
防災・復旧
維持・管理
補強土擁壁|道路・交通|

アデムウォール

建設技術審査照明取得製品

NETIS掲載期間終了技術

ジオグリッド補強土擁壁工法

アデムウォールブロック(壁面材)とアデムにより自立させた盛土の間に、変形吸収層を設けた二重壁構造が特長です。壁面材に土圧がほとんど作用しないため、施工後に壁面材の変形が生じにくい構造になっています。

取扱いできないエリアがございます。お近くの営業所へ問い合わせてください。

特長

1. 面状の補強材であるアデムの特長を最大限活用し、盛土材の土質適用範囲を拡大。

面状の補強材アデムを使用しているため、帯状や棒状の補強材を使用した他の補強土壁に比べると、土質の適用範囲が広いことも特長の一つです。

2. 壁面近傍までの充分な締固めが施工後の変形を防止します。

壁面材と盛土層が接している場合、壁面材の近傍部分は重機での締固めが困難となります。それに対して、アデムウォールは変形吸収層を設置することにより、壁面近傍部における十分な締固めが可能となります。これが強固な盛土層を形成することのできる秘密です。

3. 非金属であるために腐食せず耐久性にすぐれます。

ウォールを構成する主要な構造部品はコンクリートと高分子材料( アラミド、ポリエステル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン) を主材料としています。これらは耐腐食性・耐久性に非常にすぐれています。

総合カタログ検索「アデムウォール」