製品情報

道路・交通
住宅・景観
河川・水路
防災・復旧
維持・管理
その他擁壁|道路・交通|

サーバイブパネル

SP工法

矢板と構造物の間が確保できない現場などで、構造物内にサポート等を設けずに施工を可能とした埋設型枠工法です。


特長

  1. 矢板と構造物の間が狭く、型枠作業等のスペースが確保できない場所でも安全に施工できます。
  2. 鉄筋構造物の鉄筋組立作業等を阻害することなく施工できます。
  3. 従来のセパレーターが使用できます。
  4. 固定・調整金具により、高さ方向、延長方向の微調整が可能です。
  5. 型枠解体・表面仕上げ等の作業が不要となるため、建設廃材が発生せず、工期の短縮も図れます。
  6. 防水を必要とする現場にも対応できます。

総合カタログ検索「サーバイブパネル」