製品情報

道路・交通
住宅・景観
河川・水路
防災・復旧
維持・管理
水路補修|維持・補修|

水路補修保全工法

農業水利施設をはじめとする社会資本ストックの長寿命化を図り、そのライフサイクルコストを低減する補修工法をご提案します。

  • 対象地域限定工法です。詳細は最寄りの営業所にお尋ねください。
●ASモルタル工法

 ASモルタル工法は、高炉スラグ系再乳化型粉末アクリルポリマーセメントモルタル『ASモルタル』を用い、劣化構造物の表面保護を行うことで、 構造物の機能を回復させる工法です。優れた接着性で既存構造物と一体化し、耐摩耗性や水密性に優れコンクリート構造物を劣化要因から守ります。
 また、平滑性に優れ粗度係数が小さくなるので、通水量も確保しやすくなります。

●ASモルタルD工法(高靱性)

 ASモルタルD工法(高靱性)は、一軸引張応力化において疑似ひずみ硬化特性を示し、微細で高密度の複数ひび割れを 形成する高靱性材料【複数微細ひび割れ型繊維補強セメント複合材料:HPFRCC】である『ASモルタルD』を用い、劣化構 造物の表面保護を行うことで、構造物の機能を回復させる工法です。優れた接着性で既存構造物と一体化し、耐摩耗性 や水密性に優れコンクリート構造物を劣化要因から守ります。
 特殊繊維を混入することにより引張力を分散させ、ひび割れ幅を微細に抑え、大きな引張変形と靱性を示します。

●HS-Uイング工法

 HS-Uイング工法は、イソシアネートとポリオールの2成分からなるポリウレタン樹脂を、高度な技術で開発された スプレー技術を使い、コンクリート表面が劣化した構造物に吹き付けることで強固な被膜を瞬時に形成させる 瞬間硬化型ライニング補修工法です。
 耐酸性や耐薬品性に優れ、水関連施設のコンクリート構造物の保護に適しています。

●ASフォーム工法

 ASフォーム工法は、ASフォーム(高耐久性レジンコンクリートパネル)の様々な優れた特性を活かした既存構造物の補修工法です。
 また、新設構造物の埋設型枠として適用する事により、構造物の耐久性が向上し、ライフサイクルコストの低減を図ることができます。

●ダクタルパネルライニング工法

 ダクタルパネルライニング工法は、超高強度繊維補強コンクリート(ダクタル)を用いた高耐久性薄肉埋設パネルです。 ダクタルパネルをコンクリート構造物に適用することで、構造物の長寿命化、維持管理費の縮減を実現することができます。
 また、その他パネルライニング工法と違い、周囲の景観を損なうことが無く、修景利用が可能です。

●セルフシーリング工法

 セルフシーリング工法は、特殊形状の中空型シール材『セルフシールTZ-50(50型)』、『セルフシールTZ-30(30型)』を用いた目地補修工法です。 シール材は、自らの反発力で溝の壁に押し付けられ、高い接着性を発揮します。
 また、シール材背面から水圧を受けると、溝を押し広げる力が働き、自ら止水性を高めます。

●HSPU目地工法

 HSPU目地工法は、既設水路目地を、新開発の高伸縮シーリング材と高耐久性緩硬化塗布型ポリウレア目地材の組み合わせで、 躯体と一体化を計り、伸縮機能と止水機能を長期にわたり維持することが出来る目地補修工法です。

●Hyperシンプルシート工法

 『Hyperシンプルシート』は優れた防水性能を有したシリコーン製の特殊粘着シートです。
伸縮性に優れており、コンクリートの挙動に追従し、長期止水が可能です。耐候性・耐熱性・耐寒性にも優れているので 様々な施工環境化においても安定した品質を確保できます。
 また、施工が容易で、誰でも簡単に取扱いできるのが特徴です。

●HSシーリング工法

HSシーリング工法は、1成分形ポリウレタン樹脂『HS-seal』、2成分形変成シリコーン樹脂『マイティーシール』を状況に応 じて選定し、既設目地やひび割れにUカット+充填することで漏水を防止する工法です。耐候性に富んだ弾性シーリング材 で、補修の分野だけでなく、ボックスカルバート目地や構造物目地等に用いることができ、さまざまな用途で使用できます。

●FRPフリュームカセット工法

 FRPフリュームカセット工法は、水路内側にFRP製の一体型製品『FRPフリュームカバー』をはめ込み保護する工法です。 FRPフリュームカバーは軽量で、人力による運搬、施工が可能なため、重機の乗り入れが困難な水路や中山間地域、住宅 地等、さまざまなニーズに対応可能です。また任意の断面形状に対応することが可能で、「工期短縮」、「コスト低減」が図 れるとともに、狭小箇所における施工性にも優れた水路補修工法です。


特長

ダウンロード資料

総合カタログ検索「水路補修保全工法」