製品情報

道路・交通
住宅・景観
河川・水路
防災・復旧
維持・管理
河川用張りブロック|河川・水路|

ビオフレーム

意匠登録第2761365号

環境法枠

護岸構造にあわせた利用が可能です。


特長

1.護岸構造に合わせた利用が可能

中詰め材の選択により、水際部、高水敷など護岸構造に合わせた利用が可能です。

2.水際部での捨石工法ができる

水際部での捨石工法として使用する場合は、ブロック内部が深く比較的大きめの石を使用することができるため、流失を防止することができます。

3.法面の確実な緑化が可能

法面の植生を目的とする場合、ブロック内に充分な客土のスペースがあり、植生土のう等の併用で確実な緑化が期待できます。

4.植物が枯渇しにくく、法面効果も高い

ブロックの側壁と底版に開口部を設けてあるため、基礎地盤及び隣接するブロックへの植生根の侵入が容易で、植物が枯渇しにくく、法面保護としての効果も高くなります。

枠内客土量 0.246㎥/個


施工写真

ダウンロード資料

総合カタログ検索「ビオフレーム」