製品情報

道路・交通
住宅・景観
河川・水路
防災・復旧
維持・管理
河川用張りブロック|河川・水路|

石畳植生ブロック

適度の植生で維持管理がしやすく、 土の流失を防ぐ構造を持ったブロックです。


特長

1.維持管理が少なくてすむ

維持管理が少なくてすみ、適度な植生を形成できるよう、製品内部に水分や養分の補給孔を設けました。またブロックの組合せで程よい間隙がつくれる形状になっています。

2.強固な法面を形成

製品の組合せに配慮した、縦横線の通らない形状で、雨水等での客土流出が少なく、かつ強固な法面を形成できます。

3.法面の確実な緑化が可能

石肌模様と適度な植生によって、自然景観を重視した張りブロックで、より多自然型指向を高めています。

4.カーブや法面の起伏に対応

連結部をシャックルによりフレキシブル構造としているため、カーブや法面の起伏に充分対応できます。

5.花等の植生ポットに対応

周辺環境に応じて、2通りの組合せができ、特にCASE-2は低木、花等の植生ポケットを設けることができます。


施工写真

総合カタログ検索「石畳植生ブロック」