座談会

dsc 0004 再修正

 (左上から時計回りに)岩下、平川、大島、長谷、津留、岩崎

―今回座談会のメンバーとして集まってもらったのは入社2年目の同期の皆さん。
入社から1年間の研修期間を経て、この4月から各部署へ正式配属されましたが、振り返ってみてどうですか?

大島

学ぶことしかなかった。大学の専攻とは全く違う分野の業種・会社で、何も分からない状態で入ってきたからね。これまで道路の側溝なんて全部一緒だと思っていたけど、そんなことなかった(笑)。


岩崎

本当にそうだよね、毎日新しいことばかりだった。そして今もまだまだ勉強中。


岩下

学生のときはお金を払って学んでいたけど、入社して、研修中はお金をもらって学ばせてもらうという貴重な1年間を過ごしたなと思う。僕の場合、正式配属のタイミングで工場が変わったから、今また一から学ぶことが増えてきた。


大島

工場が変わると、何もかも違う?


岩下

僕の場合、どちらの工場も製造している製品は似ているけど、やっぱり全然違う。設備は違うし働く人も違う。その点は大きいよね?長谷さん。


長谷

私も2つの工場を経験したけど、機械が違うと確かに製造の仕方が変わるから、そこは大きいね。あと働いている人の雰囲気・カラーが工場によって全然違うから、うまく適応して仕事をしないといけないのが難しくもあり、いい経験かなとも思う。


岩下

工場の管理者は働く場所が変わるけど、職種が変わった人たちはどう?


 

大島

僕は営業希望だったから、工場での研修は正直意味があるのだろうかと思うことがあった。でも営業をやってみて、研修がすごく生きている。お客様から聞かれることも、工場の中にいたからこそ分かることがある。


平川

僕も工場研修で得たことは大きかった。今は技術営業として設計をやっているけど、確かにお客様からの質問も、製品の作り方が分かるから答えられる。実際に目で見ていたことがよかったよね。あとは同じ職種でも、正式配属になったらかなり変わった。営業職は売上目標と言う数字を持つようになるから。研修中の同行営業は、お客様から難しいことを言われても、先輩社員が分かるからいいやって思うこともあった。でも今は自分ひとりだから、自分がやらなきゃだめだなって。


津留

私の配属先の人事総務課は、社内のいろいろな部署から問い合わせがくる。工場や営業所での研修があったから、問い合わせをしてきた人がどんなことで困っているのか、何を求めているのかがある程度わかるので、それが自分の強みになっていると感じるな。

dsc 0013 修正

―正式配属になったことで、それぞれ変化があったのですね。変化と言えば1年前の就職もそうだと思いますが、学生と違うと感じたことはありましたか?

平川

給料から税金や社会保険料が引かれるようになって、社会人だなって思った(笑)。


岩下

確かにね(笑)。それから社会人はルールがしっかりしている。僕は理系の研究室だったから、夜遅くや朝まで実験をして、昼に帰って寝るとか好き勝手にできていたけど、会社はそういうわけにはいかない。残業も休日出勤も申請をして承認をもらわなきゃいけないし、色々なルールを守ったうえで物事が回っていくのが社会人だな、と。今までは親や先生たちに守られていたことも多かったけど、今はそのルールも自分たちで守らないといけない。できなければ、自分だけじゃなくて上司や会社が責任をとることもある。インフラテックグループ1,000人の社員に迷惑をかけるって考えたら、ひとつひとつの行動に責任を持って取り組まなきゃいけないよね。


岩崎

そうだよね、今までは教えてもらったり、指示されたりすることが多かった。先生から宿題が出されたりとか、バイトではこの仕事をやってね、とか。でも社会人になってからは、状況を見て何をすべきか考えて動かなきゃいけない。自分で、っていうところが変わった。


長谷

あと、学生時代って付き合う人を選べるので、考え方や行動が自分に似たような人と付き合うことが多かったけど、仕事はそうじゃない。考え方が全く違う人でも、仕事をする以上チームだから、調和を大切にしなきゃいけない。最初のころはそれが全然わかってなくて失敗することも多々あったけど、様々な立場の人の考えを尊重して、チームワークを持って仕事していくことの大切さを知った。


津留

管理部門の私は、社員の人にお願いをすることが多い。アルバイトで年下に何か教えることはあっても、自分より年齢も社歴も高い人に対してっていうのは今初めて経験しているな。


岩下

僕も親くらいの年代の人に、工場の管理者として言わなきゃいけないことがあって、その言い方やタイミングには気を使うね。

―そんな皆さんにも、4月から後輩ができました。自分の経験を踏まえて、どんなことを伝えたいですか?

岩崎

学生の延長線じゃないということ。社会人は給料をもらっているんだから、その分しっかり働こうという気持ちを持ってほしいな。


大島

入社当時は僕たちも分かっていなかったけど、1年間経験したからこそ言えるよね。そういうのを教えてあげるのもそうだし、後輩が質問をしやすい環境を作ってあげるのも僕たちの仕事だと思う。


岩崎

自分も分かっていなかったよなって思うからこそ、後輩には伝えてあげたいよね。


平川

今、質問の話があったけど、1年目は分からないことが普通だと思って、何でも質問することが凄く大切だと思う。先輩方の当たり前は自分達にとっての当たり前じゃないから。質問が無いと先輩方は「この子分かってるんだ」と思ってしまう。そうなってしまうことは、後々自分にとって凄く悪い方向に向かってしまうから少しでも疑問があれば質問したほうがいいと思う。


津留

質問もそうだし、とりあえずやってみようということも大事だよね。電話対応や名刺交換、今まで馴染みのなかったこともたくさんするから、最初は失敗しちゃいけないと思ってすごく緊張していた。でも何度もやっているうちにスムーズにできるようになるから、とりあえずやってみよう。それこそ、先輩がどんなふうにしているのかよく観察したり、気を付けることを質問してみたりするといいかもしれない。


長谷

そうだね、最初は分からないことやできないことばかりだと思うけど、その中でも、どんなに小さなことでも自分ができる・できそうなことは率先してやったらいいと思う。


岩下

僕のいる工場にも後輩が入ってきたけど、後輩や研修生ではなくライバルだと思ってる。自分がそうしてもらったし、お互い高め合っていけていると思う。

dsc 0018 修正

―それでは最後に、同期や就活生に向けてのメッセージをお願いします。

大島

会社説明会だけじゃなく、インターンシップで実際の会社の雰囲気を知ってほしい。それから、いいところばかり探さないで、社員にきついと思うことを聞いてほしい。それでも入社しようと思うなら自分の中で覚悟ができるし、実際にそういうことが起こっても、自分が決めたことだから頑張れると思う。


岩下

給与とか勤務地とか、なんでもいいから自分が大事にしたいこと・やりたいことを一本決めて、それを軸に色々な分野、ジャンルで就活してほしい。その一本があって、自分でここを選んだんだって言えるのなら、逆にどの会社でもいいんじゃないかな。


平川

僕も、どの会社でもいいというか、入った会社で自分がどうするかだと思うな。入社してみないと分からないことは必ずあって、就活ですべて知ることは難しい。でも自分の考え方や行動次第で変えられることもあるから、どの会社に入るかが全てではなく、自分でどう頑張るか。


長谷

私は「継続は力なり」と伝えたい。今自分が修行中だと思っているんだけど、教えてもらっている先輩は、材料を触っただけで良し悪しがわかる。それに比べてまだまだ自分にはできないことが多いなって落ち込むこともあるけど、先輩は長年の経験があるからこそ、そういうことができる。もっと長いスパンで物事を考えて、継続して頑張るっていうのを大事にしてほしいな。


岩崎

そうだよね、最初はみんな分からないことだらけ、何もできないのは当たり前。そこからひとつずつ着実に、丁寧に覚えていけばいいと思うので、頑張ってください。


津留

私は、自分の心の支えとなる趣味とか逃げ道を大事にしてほしいと思う。それは社会人だけでなく就活中にも必要になると思うけど、働きながらとか就活が忙しくなってからだと見つけるのって難しいかもしれないから、事前に持っていたらいいかな。どこか逃げるところがないとパンクしちゃうので、そういうところを作っておくことをおすすめします。


大島

あとは同期のつながりを大事にしたいね。それぞれの部署で楽しいことやきついことがあると思うけど、そういうのを共有出来たり何でも話せるのが同期だと思うから、これからもよろしくお願いします!

 

※2019年6月実施