製品情報

道路・交通
住宅・景観
河川・水路
防災・復旧
維持・管理
管渠類|道路・交通|河川・水路|

ボックスベアリング横引き工法

NETIS掲載期間終了技術

狭い場所での作業でも円滑な施工ができます。

ボックスカルバートを所定の搬入口より吊りおろし、ベアリング(鋼球)とウインチによりレール(形鋼)に沿って、けん引してボックスカルバートを敷設する工法です。民家の密集した狭い場所、交通量の多い道路下、橋梁および鉄道下の横断等の施工に最適です。

  • 九州地域(沖縄除く)限定工法です。

特長

  1. 施工ヤードが狭くても、円滑な敷設作業ができます。
  2. 搬入作業(クレーン作業)と敷設作業(横引き作業)が分離でき、急速施工が可能です。
  3. 従来工法に比べて、掘削幅を小さくすることも可能です。
  4. 覆鋼板を設置すれば、地下内での作業のみとなり、上部の交通が解放できます。
  5. 敷設に伴ってクレーンが移動する必要がなく、おろし場所が一ヶ所で敷設できます。
  6. 高架橋、電線などの上部障害物がある場所でも敷設作業が可能です。
  7. 縦断勾配10%までの施工が可能です。

施工写真

ダウンロード資料

総合カタログ検索「ボックスベアリング横引き工法」